気になる銀歯を解消
~補綴治療~

ホーム > 詰め物が取れた・銀歯が気になる

気になる銀歯はセラミックで解決できます

健康保険を使った虫歯治療では、歯を削った部分に金属の「銀歯」を入れるのが一般的。
銀歯は丈夫ですが、食事の際や会話の際などに口を開けると目立ってしまいます。
そんな銀歯が気になる方におすすめしたいのが、銀歯を白いセラミック素材に替える補綴治療です。

セラミック素材のメリット

虫歯治療で削った部分をセラミック素材で補うことで、見た目が自然になるだけでなくさまざまなメリットが得られます。

見た目が自然 セラミックは色を調節できるため、周りの歯に合わせて自然な白さにできます。どこを治療したのかわからないほどの仕上がりになります。
着色しにくい セラミックは色がつきにくい素材のため、食事や喫煙などによる着色がほとんどありません。
金属アレルギーがない 金属は一切含まれていないため、金属を原因としたアレルギーを発症するおそれがありません。

金属アレルギーに注意!

金属アレルギーは、金属製のアクセサリーによって起こるかぶれなどが知られています。しかし、実は銀歯によって引き起こされることもあります。銀歯が原因でも、症状は口のなかではなく肌などに出るため、銀歯に問題があると気づかないことも多々あるのです。

金属アレルギーの方にとって銀歯は「毒」そのもの。銀歯をセラミックに交換するセラミック治療は、毒を体外に出す「デトックス」と言えるかもしれません。

また、銀歯による金属アレルギーがなくなると、身体や心にかかるストレスも大きく軽減します。そのため、表情が明るくなってお顔まで若々しくなる方も多いようです。

当院でも、銀歯をセラミックに交換したことでアレルギー症状が改善したという患者様はたくさんいらっしゃいます。金属アレルギーがある方や、金属アレルギーが不安な方は、セラミック治療をご検討ください。

当院の取り扱い素材・治療法

当院では、光学印象を導入しています。光学印象とは、特殊な光を使って口腔内を直接計測することで、精度の高い型どりができ、ぴったりと合う詰め物・被せ物を作製できます。

印象とは、歯の型どりを指します。光学印象は従来の型どりと違い、レーザーなどの光を用いて口腔内を直接計測し、1秒間に数千枚の写真データを合成することで3Dデータを取得する型どりのことです。これにより、型どりの精度を高められるほか、一週間程度かかっていた型どりを1回の通院で完了させることができるようになりました。

オールセラミック

特徴 セラミックだけでつくられた素材で、本物の歯に近い透明感と強度がある。
見た目 ★★★★☆
耐久性 ★★★★☆
費用 100,000~120,000円(税抜)

ジルコニア

特徴 自然で美しい白さを持ちながら、金属と同等の強度を持った素材。
見た目 ★★★★★
耐久性 ★★★★★
費用 120,000円(税抜)

メタルボンド

特徴 金属にセラミックを焼き付けた素材で、強度が高いため奥歯にも使用できる。
見た目 ★★★☆☆
耐久性 ★★★★★
費用 小臼歯50,000円(税抜)
大臼歯70,000円(税抜)

ラミネートベニア

特徴 前歯の表面を薄く削って、薄いセラミックを貼り付ける処置。
見た目 ★★★★☆
耐久性 ★★★☆☆
費用 70,000円(税抜)

ファイバーコア

特徴 被せ物を使用する際に歯の中に入れて固定するための、グラスファイバーで作られた白い「歯の土台」。
見た目 ★★★★★
耐久性 ★★★★★
費用 無料

※上記の金額はすべて税抜きです。また、症例によって変動する場合がございます。

院長のワンポイントアドバイス(補綴治療編)
歯の色や形は一人ひとり違いますので、当院では見た目を自然にするために患者様に合わせた色や形に仕上げることにこだわっています。もちろん、見た目を整えるだけではなく、しっかりと噛める「機能性」も重視した治療を提案いたします。